20:14 2019年04月24日
火星

火星へ飛行する際の放射線、宇宙飛行士の寿命を2年半短縮

CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
231

火星に向けて2年間宇宙を飛行した場合、そのような飛行の際の放射線による影響が原因で、乗組員それぞれの寿命が2.5年ずつ短くなると、モスクワで行われている会議「航空宇宙・環境医学」の報告の要点で述べられている。この要点はスプートニクが入手した。

スプートニク日本

文書では、放射線による影響を考慮すると、調査隊が火星との往復で2年間飛行した場合、平均余命が2.5年短くなることが特徴となるだろうと述べられている。

また、文書では、単純な球形の宇宙船とその内部に設置された人体モデルの平均的な模型について、液体燃料ロケットを使って宇宙船を火星の軌道に乗せた場合の計算を研究者らが行ったと指摘されている。

関連ニュース

学者ら「火星への旅で人間の脳が『縮小』する可能性」

火星の詳細な移住計画 スイス研究チームが提言

タグ
火星, 研究, 科学, 宇宙, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント