16:58 2019年02月23日
グーグルプラス

グーグル「データ漏洩の恐れ」 自社SNSユーザー5250万人に影響

© REUTERS / Beck Diefenbach
テック&サイエンス
短縮 URL
105

ユーザー5250万人の個人データが脅威にさらされていたと、グーグルの複数の社員が述べた。これが発生した原因は、「グーグルプラス」のセキュリティにおける欠陥が取り除かれていなかったことだという。同社のブログで発表されている。

スプートニク日本

この欠陥により、たとえアカウントの所有者によって個人データが隠されていたとしても、外部のプログラマーやユーザーが一部の個人データへのアクセスを有していた可能性がある。

今回示された欠陥は11月に発見され、およそ1週間後に取り除かれた。

声明で指摘されているところでは、同社では「およそ5250万人のユーザーに対して欠陥による影響があったことを確認した」という。

関連ニュース

米国防総省、職員の個人情報漏洩を発表

フェイスブックが性行為を連想させる表現の掲載を禁止に

タグ
インターネット, Google
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント