05:37 2019年06月21日
バーで

適度のアルコールは心臓病の患者の延命につながる

CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
幸せに長生きしてください-長寿に関するスプートニクの記事 (51)
0 11

心臓疾患を負う患者が適量のアルコールを摂取しつづけた場合、アルコールを一切摂取しない、またはアルコール依存症と比較して、平均して1年寿命を延ばすことができるという報告が米国医師会発行のジャーナル・オブ・ジ・アメリカン・メディカル・アソシエーション(JAMA)に発表された。

スプートニク日本

米セント・ルイスのワシントン大学の研究者らは、高齢の被験者6千人をアルコール依存症、アルコールを一切摂取しない、適量たしなむという3種類のグループに分け、24年間にわたって実験を行った結果、こうした帰結に達した。

この間、およそ400人の被験者に心臓疾患の症状が現れた。

グループごとで見ると、第1のアルコール依存症グループ、第2のアルコールを摂取しないグループはほぼ同じ頻度で死亡し、心臓疾患が見つかった後、平均で2600~2700日長く生存していたことがわかった。

これに比べ、アルコールを適量摂取する人のグループでは疾患が起きた後の生存期間は平均で3100日と著しく長かった。これはつまり適量のアルコールを摂取したことで心臓疾患が見つかっても飲みすぎる人、全く飲まない人より平均1年から1年半長生きしたことになる。

関連ニュース

アルコールが原因で世界では毎年300万人以上が死亡している=WHO

アルコール依存症の大きな原因が挙げられる

トピック
幸せに長生きしてください-長寿に関するスプートニクの記事 (51)
タグ
健康, 研究, 医学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント