21:14 2018年12月18日
アルコール依存症

アルコール依存症の大きな原因が挙げられる

© Depositphotos / Ryzhov
テック&サイエンス
短縮 URL
120

定期的にアルコールを摂取しても、15%だけしかアルコール依存症にならず、残りの85%が依存しないのはなぜか?スウェーデン・リンショーピング大学の研究チームの研究は、その答えを示唆している。論文は学術誌サイエンスに掲載された。

スプートニク日本

実験に用いられたマウスのうち15%は電気ショックなどの不快な結果を認識しながら、砂糖水よりアルコールを好んだ。

それらマウスを調べると、扁桃体内の輸送体GAT-3を作る遺伝子の働きが低かった。そこで砂糖水を好んだマウスのGAT-3のレベルを低下させると、それらマウスもアルコールを好むようになった。

これを受けてチームが、死亡したヒトの脳を調べたところ、アルコール中毒が報告されていたヒトの扁桃体領域のGAT-3レベルは他の人より低いことを確認した。

関連ニュース

人をアルコール依存と甘党にする遺伝子が見つかる

酒と煙草は最もキケンな薬物

タグ
健康, 科学, 研究
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント