04:00 2020年09月21日
テック&サイエンス
短縮 URL
1 0 0
でフォローする

全世界でのAI専門家の求人数をUiPath(ユーアイパス)社が調査したところ、最も求人数が多かったのは中国で1万2千人以上。続いてが米国の7千人、日本の3千人でトップ5か国にはさらに英国とインドが入った。

スプートニク日本

UiPathの調べによれば最も求人が多い分野はソフト開発者で全体の8.48%、労働データーのスペシャリストが5.95%、3位に入ったのは具体的な活動の表示のないインターンの5.35%、AIのリサーチャー、諜報機関のテクニカルスペシャリストがこれに続いた。興味深いのは4位、5位の専門家の求人が一番多い国が中国だという事実だ。

UiPathの総計リストに並んだのは15か国でラストを占めたのはハンガリーの18人だった。UiPathは不思議なことにこのランキングにロシアを含めなかった。なぜならインターネット・リクルート「ヘッドハンター」ではAIおよび機械学習の求人はおよそ9千人だからだ。

関連ニュース

IBMのAIが新世代の香水造りを可能に【動画】

MITのAI、アジアの農民らの間で貧困対策の助けに

タグ
人工知能, テクノ, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント