11:07 2019年05月24日
アルゼンチンで珍しい形の新種の恐竜が見つかる

アルゼンチンで珍しい形の新種の恐竜が見つかる

© 写真: CONICET
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10

アルゼンチン南部で、新種の草食恐竜Bajadasaurus pronuspinaxの化石化した骨が発見された。インターネットポータルPhys.orgが、学者らの情報をもとに伝えた。

スプートニク日本

Bajadasaurus pronuspinaxは約1億4000年前に生息していた草食恐竜だという。

学者らは、Bajadasaurus pronuspinaxの珍しい特徴について伝えた。Bajadasaurus pronuspinaxの首と背中には鋭いとげがついていた。

とげの覆いはその構造において現代の哺乳類の角を覆っている層と似ているという。とげは捕食者から攻撃された時の防御だった。

複製は、ブエノスアイレスの科学文化センターに展示された。

関連ニュース

エジプト ツタンカーメンの「呪われた」墓の修復終了

エジプト中部で40体のミイラ見つかる【動画】

タグ
考古学, 研究, アルゼンチン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント