04:36 2019年04月19日
中国の電気自動車(アーカイブ写真)

中国、2018年のEV市場で米に著しく先行

© AFP 2019 / Stringer
テック&サイエンス
短縮 URL
263

米コロンビア大学・世界エネルギー政策センターの報告によると、中国は自動車市場における自国の立場をこれまで以上にさらに強化するため、電気自動車(EV)の普及推進に不可欠なインフラを急速に発展させつつあるという。

スプートニク日本

中国国内には現時点で、米国と比べてほぼ2倍の数のEV用充電装置がある。中国国内のEV台数は260万台、米国は110万台。中国では2018年末の時点で、既に設置されている7万カ所の公共充電ステーションに計33万基の充電装置が備えられている。一方、米国では2万4千カ所のステーションに計6万7500基の充電装置がある。

ロス・アンジェルスにある公共充電ステーション
© AFP 2019 / Mark Ralston
ロス・アンジェルスにある公共充電ステーション

専門家らは、米政府と比較した場合、自国内のEV充電用公共インフラの発展に対して、中国政府がより目立った貢献を行っていると指摘。中でも、専門家らが特に注目しているのが、販売奨励金の支給やナンバープレートに対する制限免除、EV及びバッテリーの主導的メーカーへの追加支援の提供に向けた中国による努力だ。

中国製の電気自動車(EV)
© AFP 2019 / Goh Chai Hin
中国製の電気自動車(EV)

その結果、中国は将来、EV産業における大きな優位性を得る可能性がある。そのEV産業は既に、近い将来における輸送手段の決定的テクノロジーと呼ばれているのだ。

関連ニュース・記事

タグ
, 環境, びっくり, 調査, テクノ, 米国, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント