04:20 2019年07月23日
Ceratogyrus attonitifer

背中に「角」があるユニークなクモが見つかる【写真】

© 写真: John M. Midgley/Ian Engelbrecht
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10

南アフリカ国立生物多様性研究所の学者らが、アフリカ南西部アンゴラで、背中に角を持つ新種のクモを発見した。

スプートニク日本

この「角を持つ」クモは、「驚きを呼ぶ」という意味のCeratogyrus attonitiferと名付けられた。

「角を持つ」クモは、タランチュラの種類に含まれた。

タランチュラはクモの巣をつくらず、地面を移動して他の昆虫などを捕る。

​「角を持つクモ」は、砂の穴の中に住んでいる。その背中にある柔らかい角の役割はまだ明らかになっていないが、この2センチの柔らかい角は、ラクダのこぶのように干ばつの時に生存するのを助ける機能があるのではないかとの見方もある。

「角を持つクモ」の毒は、他の昆虫を殺すことはできるが、人間には致命的ではない。しかし噛まれた傷からばい菌が入った場合、致命的な結果につながる可能性がある。

関連ニュース

「オオカミの頭」を持つクモが撮影される

ギリシャの島の海岸がクモの糸に覆われる-驚くべき光景!

タグ
動物, アフリカ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント