06:20 2019年03月22日
ラボの器具の音は機密情報を漏らし、テロリストに武器を与えうる

ラボの器具の音は機密情報を漏らし、テロリストに武器を与えうる

CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
120

米研究グループが実験室にあるDNA合成装置が稼働する音を記録し、特別なアルゴリズムを用いたところ、その音から実験内容を再現できた。つまり、音声が犯罪者やテロリストの手に渡れば、実験内容が盗まれる可能性もある。

スプートニク日本

よくあるスマートフォンなどの録音装置は人間が知覚できない音すら記録する。悪意を持った人間が必ずしも実験室に侵入する必要はなく、職員の携帯をハッキングするだけで十分だ。盗まれた音は製薬、農業、その他生物工学の分野で使うための価値の高い特別な開発品を再現するために使われかねない。

だが危険性は産業・学術スパイに留まらない。

テロリストの手にDNA合成物質が渡れば、炭疽症などの危険な病原体が作られる可能性もある。そのため研究チームは、セキュリティ対策を講じるほか、機器の再設計などにより発する音を減少させるようメーカーに提案している。

関連ニュース

ハッカーが、出会い系サイトのアプリから戦闘機F-35の機密情報へのアクセスを取得

治療用の脳へのインプラントはハッカー攻撃の対象になる 研究者らが警告

タグ
軍事, テクノ, 科学, ハッカー
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント