22:34 2019年03月22日
Magic Leap

米スタートアップ、優しい『マトリックス』構築に意欲

© AFP 2018 / Robyn Beck
テック&サイエンス
短縮 URL
0 23

米スタートアップ企業「Magic Leap」のロニー・アボヴィッツ最高経営責任者(CEO)は、人類の問題の多くは現実の世界とデジタル世界を一つにすることで解決可能だと確信している。拡張現実(AR)レンズ「Magic Leap One」はこの方向に進む同社の第一歩に過ぎない。アボヴィッツ氏の目的は、映画『マトリックス』の優しいバージョンのようなサイバー空間を構築することだ。サイト「VentureBeat」が報じた。

スプートニク日本

の構想によると、周囲の環境は人の存在に反応して人とコンピュータによるインタラクティブな場に変わる電子機器で満たされるべきだ

そのためには高速通信が可能な第5世代移動通信システム(5G)インフラを全国を覆うように構築する必要がある。そしてアボヴィッツ氏が「Magicverse」と呼ぶユートピア的なサイバー空間、「優しい」マトリックスは、このインフラを統一する。

アボヴィッツ氏
© AFP 2018 / Brian Ach
アボヴィッツ氏

プラットフォーム「Magicverse」はあらゆるヘッドセットとモノのインターネット(IoT)をサポートし、デジタル情報世界への数十億もの窓を人類に開く。その上、完全な匿名性が保証される。バーチャル空間と現実世界を組み合わせることは、人類に対する物質的世界の境界を拡張する。

関連ニュース

中国女性がバーチャル彼氏をリアルより好むのはどうして?

IBMの女性CEO 「AIが100%の職業を変える」

タグ
科学, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント