11:12 2019年05月23日
IBM、顔認証システムに無料の顔写真データを利用 ユーザーが憤慨

IBM、顔認証システムに無料の顔写真データを利用 ユーザーが憤慨

© Fotolia / Olly
テック&サイエンス
短縮 URL
202

米IBM社は、顔認証システム用の人工知能(AI)学習データセットとして、写真共有サービス「Flickr(フリッカー)」の写真を投稿者や被写体の許可なしに利用したとして非難されている。同社は一方、処罰は免れると見られる。NBCが報じた。

スプートニク日本

IBMはフリッカーの公開データベースから約1億枚の写真を用いたことを隠していない。フリッカーには無料で使用できるクリエイティブ・コモンズのタグが付けられた写真がある。IBMはそうした写真を収集した。だが、顔認証システムの学習というデリケートな問題は考慮していなかったユーザーもいる。

サイバーセキュリティやテクノロジー倫理の専門家は、多くの投稿者や被写体が顔認証システムの学習のための写真利用に賛成しないだろうと見ている。同社が2001年の米同時多発テロを受けて、ニューヨーク市警察に特定の肌や髪色を監視カメラ映像から探せるようにする技術を売却したことなど、市民の自由侵害で批判を受けているためだ。

関連ニュース

 

タグ
スキャンダル, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント