04:23 2019年07月16日
隕石

カムチャツカ沖上空で隕石爆発 昨年12月、広島原爆の10倍規模 誰も気づかず【写真】

© Fotolia / Trahko
テック&サイエンス
短縮 URL
151

2018年12月18日、ロシア極東カムチャツカ半島の沿岸に近いベーリング海上空で、火球による強力な爆発が発生していた。米航空宇宙局(NASA)の地球近傍天体観測プログラムでプログラムマネージャーを務めているケリー・ファスト博士の話として、英BBC(電子版)が伝えている。

スプートニク日本

ファスト博士によると、爆発を記録したのは日本の気象衛星ひまわり。ひまわりが「煙でできたほぼ垂直の流星飛跡を捉え、隕石は大気の中へ非常に急な角度で突入した」としている。

​火球は秒速32キロのスピードで地球の大気を通過し、地表から25.6キロの高さの上空で爆発。BBCの指摘によると、爆発の威力は173キロトンに上り、これは広島に投下された原子爆弾による爆発と比べて10倍強力なものだという。

ファスト博士の話では、今回の火球による爆発は、ロシア・ウラル地方のチェバルクリ湖に落下した「チェリャビンスク隕石」に次いで、最近の30年間で2番目の威力だったものの、海の上空で起きたため、気づかれないままだったという。

関連ニュース

東シベリア 落下する「小惑星」が動画撮影される【動画】

ベネズエラに隕石落下【動画】

タグ
科学, 宇宙, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント