03:41 2021年01月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 03
でフォローする

オーストラリア・マードック大学の研究チームはサメにセンサーとビデオカメラを取り付けた。南アフリカ沿岸でホオジロザメの研究を行うチームは8匹の個体を選びボートにおびき寄せ、竿のような機器によりカメラとセンサーを取り付けた。

スプートニク日本

チームは、ホオジロザメが海藻の生い茂る環境で狩りをするには身体が大きすぎるという仮説を検証した。

この仮説は間違っていた。映像が示すところ、サメは海藻の幹の間の細い迷路を自由自在に移動することができる。海藻には被食者であるオットセイやアザラシが隠れている。

関連ニュース

重さ100キロのサメの頭が釣り上げられる【写真】

ハワイでダイバーが世界最大級のホオジロザメに遭遇【動画】

タグ
動画, びっくり, 動物
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント