06:13 2019年06月27日
地球

人類は半世紀で劇的に地球を変え、100万種が絶滅の危機 IPBESが報告書

© Sputnik / RIA Novosti
テック&サイエンス
短縮 URL
0 03

「生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム」(IPBES)は、過去半世紀にわたって人的要因が私たちの惑星にどのように影響したかを分析する大規模な研究を行った。

スプートニク日本

この研究には、50カ国からの科学者145人が参加し、さらに他の研究者および専門家310人が協力した。過去50年間に生物多様性に起こった変化を評価。約1万5千の学術および政府を情報源とするデータを収集し、3年かけて分析した。

IPBESのウェブサイトによると、今や100万種の動物が絶滅の危機に瀕していることが明らかになった。地球の表面の3分の1以上と淡水資源の75%が農業と畜産業に割り当てられている。毎年世界中で600億トンの再生可能および再生不可能な資源が採掘されている。地球全体での地球表面の生産性は23%減少。沿岸の居住地の変化により、最大3億人の人々が洪水やハリケーンの危険にさらされています。

過去100年間で、陸上の土地固有種の数は20%減少した。両生類の40%、サンゴの33%そして海洋哺乳類の3分の1が完全な絶滅に直面している。すべての家畜化された哺乳類種の9%が2016年までに絶滅しており、さらに1000種は現在絶滅の危機にひんしている。毎年、3億から4億トンの重金属、有毒堆積物、その他の産業廃棄物が世界の水域に投棄されている。沿岸生態系に入る肥料は海に約400箇所の「死の領域」を形成し、その総面積は24万5000平方キロメートルに及ぶ。これはイギリスの面積を超えている。

調査を率いたロバート・ワトソン氏は、次のように述べている。

「私たちは、世界中で自らの経済、生きる手段、食料安全保障、健康および生活の質の基盤を破壊しています。しかし『変革的な変化』によって、自然は依然として保存され、回復し、持続可能に利用されることが可能です。これは他のほとんどのグローバルな目標を達成するための鍵でもあります。変革的な変化とは、パラダイム、目標、価値観を含めた、技術的、経済的、社会的要因を超えた基本的でシステム全体の再編成を意味します」

関連ニュース

タグ
研究, 自然
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント