14:28 2021年06月23日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

子ども部屋に置かれたテレビ、コンピューター画面のちらつきが児童の肥満を招いている。ロシア保健省、予防医療の嘱託小児専門医でロシア小児科同盟執行委員会のレイラ・ナマゾヴァーバラトヴァ委員長は国内のマスコミでこの事実を報告した。

スプートニク日本

ナマゾヴァーバラトヴァ委員長は「深夜の時間帯に煌々と電気がつけっぱなしになっていると肥満を引き起こす。人工的な光がちらつくコンピューターやテレビの画面はいけない。常夜灯はこれに含まれない。寝室にテレビが置かれたり、またはコンピューターが一晩中つけっぱなしになっていることが多いが、これは全く許されない事態だ」と語っている。

ナマゾヴァーバラトヴァ委員長はさらに、小児科医は幼児期にガジェットやコンピューターが与えられている状況を非常に危険視しており、特に1歳までの時期にアニメを見せるなど言語道断と指摘している。実際に注意力に欠け、多動症候群の児童は増える一方であり、その原因のひとつに、1歳までの12か月にどれだけの時間を画面の前で過ごしたかが直接的な関係を持っている。

ナマゾヴァーバラトヴァ委員長は親の持つガジェットを幼児期に与えた場合、子どもの成長に否定的な影響を及ぼすとして、ガジェットと出会う年齢の公式を「3歳まではテレビはなし、6歳まではコンピューターは見せず、9歳まではインターネットは不要、12歳までは親の管理しない状態でインターネットにアクセスさせない」と説明している。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント