03:15 2019年12月10日
コーヒー

これで安心? コーヒーは25杯までなら動脈に悪影響なし

© CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
幸せに長生きしてください-長寿に関するスプートニクの記事 (118)
123
でフォローする

1日25杯コーヒーを飲む人と1日1杯未満の人では、動脈硬化や心臓への負担に差はない。マンチェスターで開かれたイギリス心臓血管の年次学会で研究結果が発表された。

ロンドン大クイーン・メアリーとオックスフォード大の研究チームの研究には、コーヒー愛飲家とコーヒーを飲まない被験者の計8千人が参加した。

既存の心血管疾患を有する人や、1人25杯より多くコーヒーを飲む人は実験から除外された。研究では動脈伸展性と動脈硬化指数を測定。これらの指数は心筋梗塞や心不全などのリスクと関係する。

被験者は1日のコーヒー消費量で3グループに分けられた。第1グループはコーヒー消費量が1杯以下、第2グループは1〜3杯、第3グループは3杯より多く25杯より少ない。 

大量のコーヒーを飲む人と1杯以下の被験者について、動脈伸展性と動脈硬化指数に有意差は見られなかった。 

研究チームは、動脈硬化に対するコーヒーにそれほど悪い影響はないと証明できたとした一方で、コーヒーの暴飲はそれでも推奨しないと述べた。

健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

関連記事

トピック
幸せに長生きしてください-長寿に関するスプートニクの記事 (118)
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント