02:41 2019年10月21日
ファーウェイMate 20X5G

ファーウェイ 自社初の販売用5Gスマートフォンを発表【写真】

© 写真: Huawei
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

中国企業ファーウェイが自社初の販売用5Gスマートフォンを発表した。スマートフォンMate 20X5Gの説明と写真は、ウェブサイトWeiboの同社公式ホームページに公開された。

発表によれば、スマートフォンは2つのシムカードを使用し、5Gと4Gの両方のネットワークをサポートする。ファーウェイによれば、このスマートフォンは世界最速の交信機能の5Gを備えている。

​HDR対応のFHD + OLED7.2インチスクリーンを持つスマートフォンのスタート価格は6199元(9万7948円)。

​新商品の予約注文は、26日の北京時間16時8分に開始され、販売は8月16日からスタートする。

米国によるファーウェイ規制

米国政府は、軍事および諜報活動で中国政府と協力し、さらにクライアントに対する監視活動を行っている可能性があるとして、ファーウェイを非難している。

米国はまた、5Gモバイル標準に切り替える際に、ファーウェイのインフラおよび設備を使用しないように多くの国々に要請している。5月、米国商務省は、米国の製造メーカーから部品と技術を購入させないため、ファーウェイを「ブラックリスト」に載せた。また、ファーウェーは、しかるべきライセンスがなければ米国企業と取引ができない企業リストにも掲載されている。

関連ニュース

ファーウェイ、北朝鮮の携帯電話ネットワーク構築を秘密裏に支援

タグ
テクノ, 米国, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント