18:08 2019年11月19日
古代エジプト王妃はどんな香りがした? 研究者らが製造法を発見

古代エジプト王妃はどんな香りがした? 研究者らが製造法を発見

© Depositphotos / 5PH
テック&サイエンス
短縮 URL
160
でフォローする

ハワイ大学マノア校の研究者らが古代エジプトの香水の香りを再現した。この香水はクレオパトラ自身も使用した可能性があるもので、多くの愛好者を魅了している。ポータルサイト「smithsonian.com」が報じた。

カイロ近くの採掘現場で、考古学者らは紀元前3世紀のたくさんのかまどを発見した。化学的分析により、これらは香水と芳香の製造に利用されたことが判明した。そこには香水用の細首の粘土製容器が残っていた。

研究者らはあるアンフォラに残っていた内容物を分析し、香水の主な成分が没薬とカルダモン、オリーブオイル、シナモンであることをつきとめた。

こうした情報をもとに、また古代エジプトのテキストから、ハワイの研究者らは古代の香水を再現することに成功した。

再現された香水は、濃厚で粘着性があることが判明した。また、密度に関しては、現在の香水よりもバターを連想させる。

香りは今日の香水よりもずっと強く、体に長く香りが残っていた。

研究者らよれば、クレオパトラ自身これらの香水を使用した可能性があるが、しかし、この仮定を証明することはおそらく無理だろう。

関連ニュース

タグ
エジプト, 歴史
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント