03:18 2020年01月21日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50
でフォローする

29日、米航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)はハロウィーンを控え、ハッブル宇宙望遠鏡で6月19日に撮影した興味深い画像を公開した。それは宇宙人の顔のような画像。

この画像は地球から7億400万光年離れたところで2つの銀河が衝突していることを示している。顔の目に似ているのはそれぞれの銀河の中心部である。

先に、NASAは「ジャック・オー・ランタン」のように見える太陽の画像をSNSに投稿した。

タグ
エンタメ, びっくり, おもしろい, 宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント