03:23 2020年07月03日
テック&サイエンス
短縮 URL
筆者 :
幸せに長生きしてください 長寿に関するスプートニクの記事 (85)
0 30
でフォローする

正月休みに酒を飲む人も多いだろうが、英ブライトン大学のハル・ソサボウスキ教授は、どの酒が最も危険で、最も早く酩酊状態に陥らせるのかを説明している。英タブロイド紙「デイリー・メール」が報じた。

同教授によると、アルコールの影響は、酒に含まれるエタノールの含有量と血液への浸透速度に左右されるという。不思議なことに、エタノールの含有量が少なければ少ないほど、血液により早く吸収され、酔い始める。

最も酔いやすいのは、シェリー酒とポートワイン。これらのアルコール度数は約20%でウォッカやウイスキーよりも低いが、急速に血液中に吸収され、強い酩酊状態に陥らせ、二日酔いをもたらす。

なおウォッカについてだが、ソサボウスキ教授によると、ウォッカは翌朝まで酒の影響を引きずりたくない人にお勧めだという。

新年に人気のアルコールのシャンパンは、急速な酩酊状態と二日酔いを引き起こす。これはシャンパンに炭酸が含まれているため、血中に早く浸透するからだ。シャンパンは1杯飲んだ後に酔いを感じることがあるが、その場合は、強いお酒を飲んだ時のようにすぐに酔っぱらうわけではない。

一方、これはエタノールの含有量が高い酒がより危険ではないことを意味しているのではない。ソボフスキ教授によると、強い酒は胃の細胞の働きを抑制するため血液にゆっくり吸収されるが、酔いはより長く、より強いという。


強い酒を飲むときによくやる間違いとは?

同教授によると、最もよくある間違いの1つは、度数を下げるために強い酒を水と一緒に飲むこと。その結果、エタノールの割合が低くなり、アルコールの血液中への吸収が早くなり、結果として酔いがまわるのが早くなる。

ソボフスキ教授は、アルコール度数が低い酒を飲んだ後に強い酒を飲まないようにとアドバイスしている。しかし、飲み過ぎない唯一の方法は、同教授いわく、原則として酒を飲まないことだ。

関連ニュース

トピック
幸せに長生きしてください 長寿に関するスプートニクの記事 (85)
タグ
健康, 食品
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント