11:43 2020年04月01日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 05
でフォローする

グーグルが次期バージョン「アンドロイド11」のプレビュー版を公開した。プレビュー版はアプリ開発者用となり、プロジェクトのサイトでアクセスができる。

オペレーションシステムの初期バージョンは計画される以前に発表され、グーグルが注目を呼びかけていた。アンドロイド11のテストバージョンは、 Pixel 2およびPixel 2 XLでスタートした一連のグーグルPixelのスマートフォンへダウンロードすることが可能。

グーグルは、アンドロイドのエンジニアがシステムの脆弱部分の強化や機密性の設定での刷新、5G対応プラットフォームの改良、そして折り畳み可能な機器の使用について発表した。

新しいOSバージョンは、画面の録画機能や動画撮影時の通知オフ、夜間モードの自動入力、共有アクセスメニューへのアプリの設定などが可能となる。また、保護フィルム使用の利便性のためスクリーンの感度を設定する機能が追加された。

グーグルは今回のアンドロイドのバージョンは専門家や開発者向けとしている。初期システムバージョンの設定でユーザーを保護するため、OSは手動でのみアクセスができる。

タグ
テクノ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント