02:54 2020年07月03日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

地震発生の前に起きる地球内部の重力のほんのわずかな変化も読み取ることのできるアルゴリズムがドイツで開発された。これを用いると地震を発生のかなり前に予知することができる。科学雑誌「アース・アンド・プラネタリー・サイエンスレター」に研究が発表された。

アルゴリズムを開発したのは独の地球科学調査センター。これにより地球内部の塊の移動により地球内部の重力が激変すること、いわゆる「 PEGS(即時弾性重力)シグナル」をとらえることが可能となる。

これにより地震を発生のかなり前に予知することができ、地震の大きさ、継続時間、メカニズムを解明することができる。

シグナルの重力が弱いため、これまでは地震発生の時にしかシグナルをとらえることはできなかったが、新アルゴリズムを使うとPEGSシグナルをキャッチすることができるため、地震を効果的に予知することができる。

アルゴリズム開発のために研究者らは2011年に日本で起きた東日本大震災のPEGSシグナルのモデルを再現した。

このアルゴリズムは津波発生の予知にも用いることができる。

関連ニュース

タグ
科学研究, 科学, 地震
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント