03:00 2020年07月04日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 23
でフォローする

現時点で新型コロナウイルスCOVID-19と確認された症例のうち20%が重症あるいは重篤と判断されている。死亡率は約3%。医師らによると、この菌は季節性のものになり、他のコロナウイルスと同様毎冬にやってくる可能性があるという。

英国紙「デイリー・テレグラフ」ネット版は、春の到来とともに罹患率は低下する可能性があるとしている。インフルエンザに似た症状を引き起こすコロナウイルス菌株7種類はすでに解明されているが、COVID-19が通常の呼吸器感染症になるには数年を要するとみられている。

罹患率については、来春にやってくるであろう次の感染ブームには今回感染を免れた人が感染するだろう。

しかし時間がたてば製薬会社が抗ウイルス剤を製造できる可能性がある。


中国の新型コロナウイルス

中国当局は12月末、武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。

専門家らは、暫定的に新型コロナウイルス2019-nCoVが疾患の原因と判断した。

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

どうやって自分を守る?


スプートニクは新型コロナウイルスに関するその他の疑問と回答について別記事でご紹介している。こちらの記事およびこちらの記事をお読み下さい。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント