07:42 2020年10月01日
テック&サイエンス
短縮 URL
新型コロナウイルス (590)
0 41
でフォローする

11日、世界保健機関(WHO)のテドロス・ゲブレイェスス事務局長は、「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)はすでにパンデミックの性格を帯びている可能性がある」と述べた。さらに「我々は急速な感染拡大と、新型コロナウイルスへの無対応を深く懸念している」と強調した。通信社スプートニクは専門家に、パンデミックはエピデミックとどう違うのか、そして新型コロナウイルスはより危険なものになっているのかについて尋ねた。

アルゼンチン感染学会のリカルド・テイヘイロデ博士は「パンデミックとは、ウイルス感染が国境を越えて拡大することを意味する。感染症は北半球から南半球へ、1つの大陸から別の大陸へと自由に移動する。これは、例えば今回のコロナウイルスなど、そのウイルスに対する抗体を世界で誰も持っていない、新しいウイルスの場合に発生する」と語った。

テイヘイロデ博士は、パンデミックとエピデミックはどのように異なるのかという質問に対して以下のように答えた。「エピデミックとは、局地的な流行だ。現在、ラテンアメリカではデング熱が流行している。この流行はブラジル、ボリビア、パラグアイ、アルゼンチンの地域で起きているが、これ以上は拡大しないだろう。近隣諸国で流行する可能性はあるが、全ての国に広がることは決してない。これがパンデミックとエピデミックの違いだ」

一方、テイヘイロデ博士は、「パンデミック」とは恐ろしい用語ではあるものの、パニックに陥る必要はないと強調し、次のように語っている。

コロナウイルスは、主にリスクグループにとって危険である。今回のパンデミックでは、インフルエンザとは異なり、主なリスクグループは高齢者、特に70歳以上の高齢者と、慢性疾患者、心不全者、腎不全者、HIV患者や、がん患者だ。このような人たちは全員がリスクグループに当てはまり、彼らを守る必要がある。健康な中年層にとっては、免疫力で打ち克つことのできる軽い病気であり、特に合併症を引き起こすこともない。」


先に、WHO健康危機対応プログラムを担当するマイケル・ライアン氏は「パンデミック」という言葉を使用しても、新型コロナウイルスに対する取り組み方は変わらないと強調した。同氏によると、現在、新型コロナウイルスとの戦いで最前線に立つのはイタリアとイランだが、まもなく他の国々も同じ運命をたどる恐れがある。テドロス事務局長はまた、新型コロナウイルスの感染拡大は、制御可能な史上初のパンデミックになりうると発言した。

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

どうやって自分を守る?

​スプートニクは新型コロナウイルスに関するその他の疑問と回答について別記事でご紹介している。こちらの記事およびこちらの記事をお読み下さい。

トピック
新型コロナウイルス (590)
タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント