00:36 2020年05月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 34
でフォローする

ロシア語のハッカーが闇市場でZoomに登録の50万件を超すアカウントをサイバーセキュリティの専門家に売り渡した。英サンデータイムズ紙が報じた。

流出したアカウントを買い戻したのはセイバーセキュリティー企業Cyble。アカウントは1件あたり約1円と安価で取引されており、中にはCybleの顧客も含まれていたため、Cybleは流出データが確かに本物であると信憑性を確認することができた。

英サンデータイムズ紙は、アカウントを盗んで売却したのはロシア語のハッカーでメッセンジャー「Telegram」のユーザーと報じている

Zoomのアカウント流出については4月半ばに明らかになっていたものの、売却したのはロシア語のハッカーだったという情報は今まで明らかにされていなかった。売却されたデータには電子メール、ログイン、パスワード、チャットに表示されたURL、テレビ会議用のパスワードが含まれていた。アカウントにはChase や Citibankといった大企業や、多くの大学が含まれていた。闇市場にアカウントのデータが出現し始めたのは遅くとも4月1日からとみられている。

関連ニュース

パスワード流出にポルノ動画再生 大人気のZoomに潜むリスク

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント