07:01 2020年09月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 01
でフォローする

今年第一四半期の結果として、世界で最も売れているスマートフォンはiPhone11だった。全体の販売台数、またプレミアデバイス部門でもトップだった。「CounterPointリサーチ」の調べで分かった。

最も人気あるモデル、iPhone11に全体販売台数の30%が集中。2位はiPhone11 Pro Max(9%)、3位はiPhone11 Pro(7%)だった。

またiPhone XRとHuaweiのMate 30 Pro 5Gがそれぞれ4位、5位に入った。プレミアム部門でのApple社スマホは57%を占めた。

同リサーチは、AppleとSamsungの2社が中国を除く全地域でトップを走っていることに注目。中国市場で最も人気あるプレミアデバイスはHuaweiだった。

関連記事

タグ
iPhone
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント