14:47 2020年09月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 21
でフォローする

米国の研究者らが、ベルクロタイプの食品センサーを開発した。このセンサーにより食品が不良化していないか、また危険なバクテリアが付着してないかを確認することが可能で、さらに梱包を開けずにこれらを実施することができる。開発の詳細が科学誌『Advanced Functional Materials』で発表された。

マサチューセッツ工科大学のエンジニアらは、ミニチュア比色定量計法センサーを作製した。これは外見上はベルクロテープに似ており、その棘はシルクで出来ている。

マイクロニードルがセンサー背面に製品の水分を引き込み、3Dプリンターによってそのマトリックスには2タイプの特殊なバイオインクが配置される。1つは特定の水素イオン指数の下で色が変化し、食物の腐敗を知らせる。もう1つは、大腸菌のような病原性の細菌が存在する場合に変色する。

研究者らは、独自の開発品の完成のため作業を継続していく予定。特に研究者らは、マイクロニードルによる液体吸収をより高速で達成することや、また、バイオセンサーで検出される汚染物質と病原菌のリストの拡大を希望している。

関連ニュース

タグ
科学研究, 研究
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント