09:16 2020年10月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

ハッブル宇宙望遠鏡が8月に撮影した木星の超鮮明画像が公開された。その画像からは木星の北半球に広がる強大な嵐の様子や、木星の第2惑星「エウロパ」が確認できる。

この画像は、ハッブル宇宙望遠鏡プロジェクトの公式サイトで公開されている。

この画像は撮影されたのは、2020年8月25日。木星が地球から6億5300万キロ離れている時に撮影された。

画像からは風に煽られて渦巻く雲が、色とりどりの縞模様を作り出している。この嵐は年ごとに変化するものもあれば、木星の南半球にある「大赤斑」のように何世紀にもわたってその場にとどまるものもある。

ハッブル宇宙望遠鏡は今回、北半球の中緯度に明るく白く長い形の嵐が出現するという珍しい現象を撮影することに成功した。この嵐は8月18日に現れ、時速560キロで移動している。

木星の北半球では定期的に嵐が発生するが、その嵐の背後では反時計回りで回転する小さな暗い色の塊が続いていくという特徴がある。研究者らは、今回の嵐は南半球の大赤斑のように安定した渦が形成される始まりであるとの可能性を示唆している。

関連記事

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント