14:32 2020年10月30日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 80
でフォローする

玄米食でガンや循環器系の病気リスクを下げることができる。これは玄米にはセレン、マグネシウムなど人体に良い成分が含まれていることによるもの。ポータル「フードNEWS」が報じている。

セレン、マグネシウムは動脈にコレステロールが蓄積されるのを防いでくれる。玄米に含まれる抗酸化物質は炎症を抑える働きがあり、乳がん、大腸がんのリスクを下げる。

また玄米はタンパク質、ミネラル、腸の働きを正常化させてくれる食物繊維に富み、血糖値の正常値を保ち、満腹感が長持ちする。

専門家らは玄米をスープやサラダと一緒に適量食べることを勧めている

関連ニュース

タグ
医療, 病気, 健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント