12:55 2021年01月24日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 012
でフォローする

米マイクロソフトはウィンドウズ10の「設定」に新たなオプションの展開を開始した。マイクロソフト社のサービスやEdge、Office365の広告がより頻繁に画面に表示されることになりそうだ。

ウィンドウズ製品の最新ニュースを伝える「WindowsLatest」によると、あと数週間のうちにウィンドウズユーザーは「設定」上部に「ウィンドウズからもっとオファーを得る」という新たなバナー広告を目にすることだろう。このバナー広告は毎月の更新時に表示され、またシステム再起動の際にも現れる予定だという。

バナー上の「Let’s go」ボタンをクリックすると、画面全体にマイクロソフトの広告が表示され、Windows HelloやサブスクリプションのMicrosoft 365にいたるまでありとあらゆるサービスの宣伝が展開されるという。ユーザー側は同意して「続ける」を選んでもいいし、「3日後に見る」を選ぶこともできる。

次の画面はブラウザーEdgeのセットアップを勧めてくるもので、Bingはデフォルトの検索エンジンとしてお勧めされる。さらに次の画面はMicrosoft 365の50%オフのオファーとなる。

これらウィンドウをすべて閉じると、ユーザーはまた「設定」画面に戻される。そこに現れるのは別のオプションで、ブラウザーをセットアップするよう勧められる。すでにユーザーがEdgeをデフォルト検索システムとして設定してある場合は、一体どのようなウィンドウが表示されるのだろうか。

関連ニュース

タグ
Microsoft
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント