07:21 2021年09月20日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 51
でフォローする

現時点における予測によると、地球の自転速度の速まりを受け、2021年は2020年よりも短くなる。全ロシア物理技術・無線工学測定科学研究所が、通信社スプートニクに伝えた。同研究所には、地球の回転の時間、回数、パラメーター測定に関する国家機関などが含まれている。

一連のマスコミは、地球の自転速度の加速を受け、2020年は観測史上(1960年以降)最も短い日が28日も記録され、7月19日は通常より1.4ミリ秒短く、最も短い日となり、2021年はさらに短くなるとみられると報じた。

この報道について研究所は「現時点における予測によると、(2021年は2020年よりも)短くなるが、これは現在の地球の自転の加速に関する指標が維持された場合に限られる」とコメントした。

関連ニュース

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント