16:54 2021年03月08日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 01
でフォローする

米国の宇宙開発企業スペースX社は、通信サービスVoice over IP (VoIP)の提供を計画している。サイト「Ars Technica」が米国の連邦通信委員会の発表を引用して報じた。

報道によれば、Starlinkシステムのユーザーは、「セッション確立プロトコルの標準的なアナログターミナルアダプターに接続する通常の携帯電話、または認証モデルリストから選ばれ、独自のIPアドレスを持つガジェットを利用する機会を得ることができる」とする。

また、このサービスは、主として「都市部の料金と整合性のとれた価格」で所得の低い農村部の住民に提供を予定している。

報道では、現在、スペースX社のグルーバル衛星インターネット「Starlink」システムのユーザー数は、米国と諸外国で1万人超だと強調する。

タグ
テクノ, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント