16:55 2021年03月08日
テック&サイエンス
短縮 URL
ロシアの新型コロナワクチン (84)
0 61
でフォローする

ロシア連邦消費者権利保護・福祉監督庁は16日、ロシア国立ウイルス学・生物工学研究センター( ベクトル)がロシア製の新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」と「エピワクコロナ」の有効性を特別な試験で確認したと発表した。

ロシア消費者権利監督庁は「『スプートニクV』ワクチンと『エピワクコロナ』ワクチンの接種を受けた人々から採取した新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する抗体を含む血清を使用した中和反応で保護効果が示された」と伝えた。

消費者権利監督庁によると、ワクチン接種を受けた人々から採取した血清は、英国型変異コロナウイルスと、変異していないコロナウイルスの両方を効果的に中和した。

ロシアのプーチン大統領は15日、新型コロナウイルスの新たな変異株に対するロシア製ワクチンの有効性を分析するよう命じた。

今月10日、世界保健機関(WHO)は、英国で最初に確認された変異株がさらに6カ国で発見され、計86カ国で確認されていると発表した。また、南アフリカ(501Y.V2)、ブラジルと日本(P.1)で報告された変異株も広がっている。


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

トピック
ロシアの新型コロナワクチン (84)
タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント