17:39 2021年07月24日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 02
でフォローする

米マイクロソフトは、Windows 10の次期機能アップデート「21H1」について発表した。それによると、このアップデートの内容は軽微なものになることが分かった。ニュースブレイクが伝えている。

マイクロソフトは過去2年間で、春に大幅なアップデートを行い、秋にはバグの修正や改善などがメインのアップデートを行ってきたことから、専門家らは今年初めのアップデート「21H1」は大規模なものになると予測していた。

しかし、同社の今回の発表で、「21H1」のアップデートの内容は軽微なものになることが分かった。

またマイクロソフトは、「21H1」はハードウェア互換性プログラムにおいて「20H2」で要求されるものと同じであると発表していることから、「21H1」は既存のすべてのPC、アプリ、ドライバーと互換性があることが分かった。

同社は今年、アップデート「21H1」の他に、Windows 10Xのシングルスクリーン版をリリースする予定。

関連記事

12年間も気づかれず:ウィルス対策「Windows Defender」で危険な脆弱性が発見

タグ
マイクロソフト, Windows, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント