13:49 2021年03月08日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

NASA(米航空宇宙局)はツイッターに、火星探査車「パーセヴェランス(Perseverance)」が録音した火星表面の音声記録を公開した。

録音では、静かなパチパチという破裂音と、おそらく突風と思われる強いうねり音を確認できる。

​「パーセヴェランス」アカウントの投稿には「火星の姿を見た後は、今度は音をよく聴いてください。イヤホンを用意して、私が録った最初の音を聴いてください」と添えられている。

探査車(ローバー)パーセヴェランスは2月18日に火星の「ジェゼロ」クレーターに着陸。ローバーを伴った「Mars2020」ミッション自体は昨年7月に地球を出発。NASAにとっては5代目となる火星探査車には火星の組成や地質を調査する7つのツールが搭載されている。最大の課題は火星の土壌サンプル収集となる。サンプルはその後、地球に送られる予定。

タグ
宇宙, 火星
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント