15:22 2021年04月20日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 52
でフォローする

日本の理化学研究所にある世界最速のスーパーコンピューター「富岳」が9日、本格稼働を開始した。日本のマスコミが報じた。

理化学研究所は2月、「富岳」について、3月9日から供用を開始すると発表していた。

神戸市の理化学研究所計算科学研究センターで9日、式典が開かれた。朝日新聞によると、式典で理化学研究所の松本紘理事長は「速さだけではなく、使いやすさや安定性を主眼に開発してきた。既に新型コロナウイルス対策などで期待値が非常に高い。国民の皆様に愛される『富岳』にしたい」とあいさつした。

報道によると、「富岳」は2020年、世界のスーパーコンピューターに関するランキングの計算速度など4部門において、2期連続で世界1位を獲得している。

先に松本理事長は、「富岳」の能力や限界について外国メディアに語った。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント