03:22 2021年07月28日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 13
でフォローする

イスラエル、テルアビブ大学の研究者たちが、バッタの耳(鼓膜器官)をセンサー機能として使用したバイオハイブリッドロボットを開発した。音の信号を受信し、それに応じて動くという。ニュースサイト「テック・タイムス」が伝えた。

テルアビブ大学の研究者らは主に、ハイブリッドロボットの開発にどのような昆虫の生体センサーを利用できるかについて研究を行なっており、まずは聴覚器官から始めることにし、死んだバッタの耳を使うことにした。

バッタの耳は聴覚神経とともに切断し、音と空気の循環を最適化するため、生理食塩水の緩衝液に浸ける。この環境下で電極のネットワークを構築し、その結果、マイクロ流体チップが作成された。

ロボットに内蔵された生体機能チップがマイクのような働きをし、検出した音の電気信号をロボットへの入力に使う信号に変換し、ロボットを指示された方向に移動させる。イスラエルの研究者らが発表したハイブリッドロボットは、1回の拍手音で前進し、2回の拍手音で後進する。

さまざまな動物に似せたロボットの開発も人気を博している。米国で開発されたロボット犬については、「スプートニク」の過去の記事でお読みいただけます。

関連ニュース

タグ
テクノ, 科学, ロボット
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント