07:20 2021年04月15日
テック&サイエンス
短縮 URL
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (220)
0 04
でフォローする

日本の気象庁によると、2020年、日本の陸上3地点と南方海上、南東上空の二酸化炭素(CO2)濃度はいずれも観測史上最高に達した。

新型コロナウイルスの影響で、2020年に大幅なCO2排出削減がみられていたが、大気中濃度の観測には反映されなかったという。

気象庁が2020年、日本を含む北西太平洋域の陸上、洋上、上空で二酸化炭素の観測を行った結果、与那国島で417.2ppm、大船渡市で416.3ppm、南鳥島で414.5ppmに達し、記録された最高濃度となった。

去年、米スタンフォード大学のロブ・ジャクソン教授が新型コロナウイルスCOVID-19蔓延は第二次世界大戦以来となる、大幅なCO2排出削減を可能にするとの見解を示していた。

関連記事

トピック
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (220)
タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント