18:20 2021年08月02日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

栄養士が誰にでもできるストレスによる食べ過ぎの習慣の克服法を紹介した。ABCが報じた。

報道によれば、不安とストレスは人々に精神的レベルで影響を与えるだけでなく、身体全体に悪影響をもたらす。食べ過ぎの習慣は、多くの否定的な結果をもたらす可能性がある。専門家によれば、食物は薬と同じ様に人間の脳に影響し、瞬間的な幸福感をもたらす。

栄養士は、食べ過ぎの問題解決の鍵となるのはアウェアネスだと指摘する。何を、なぜ、いつ、食べるかを管理できるかが重要となる。ストレスによる空腹を感じた場合、専門家は健康に良い軽食を選択することを推奨している。例として栄養士は、果物やカッテージチーズ、ミニトマト、自家製ポップコーン、ナチュラルギリシャヨーグルトを紹介した。

また、栄養士は、衝動的空腹感を回避するいくつかの簡単な技術を身につけることを勧めている。たとえば、半加工品は摂らないようにし、一週間のメニューを作ること。また、できるだけ1日の食事で野菜や果物の量を増やし、その際、強い空腹の時に食事をしないことも大切となる。また、水分摂取の調整も必要だ。

以前、通信社「スプートニク」は、「衝動的」食べ過ぎを回避する方法について医師のアドバイスを紹介している。

関連ニュース

タグ
健康, ダイエット
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント