07:24 2021年04月21日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 02
でフォローする

インターネット上に2021年に発売の新型iPhone13の3D モデルが登場した。ポータルMacotakaraが報じた。このモデルは搭載される機能がどう配置されるかを予想したもの。

新型iPhoneは3Dセンサーカメラと光によるリモートセンシング技術のLIDARを搭載。外見はほぼ変わりないが、ベゼル(ディスプレイの縁)は狭小化されている。

デザインで一番変化があったのがベゼル。ベゼルはAppleが最もクレームを受ける部分だった。この部分に顔認証システムのFace IDのセンサーとフロントカメラが隠されている。ベゼルはほぼ1センチ近く、大きくカットされ、ディスプレイの面積が著しく広がった。

 iPhone 13 の発売開始は2021年9月の予。インサイダーもA15 Bionicチップ搭載、リフレッシュレートが高い画など、新機能を紹介している。新機種に搭載されるとみられる性能につい、スプートニクの予想記事はこちらからお読みいただけます。

関連ニュース

タグ
Apple, iPhone
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント