23:58 2021年05月12日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 01
でフォローする

イーロン・マスク氏の宇宙企業「スペースX(SpaceX)」がNASAの有人月面着陸機の開発・製作を手掛けることになった。月計画では2人の月面着陸が予定されており、そのうち1人は史上初の女性になる。ミッションでは主に月の地表調査は目的となる。

NASA(米航空宇宙局)によると、スペースXはNASAの有人月面着陸機の開発に向けた契約を獲得。契約額は28億9千ドル(約3143億円)という。

NASAの計画によると、スペース・ローンチ・システム(SLS)で打上げられた宇宙船「オリオン」で4人が月に送られる。

そのうち2人はスペースXの着陸機に乗換え、月面に降りる。2人は1週間ほど月の地表を調査し、その後「オリオン」の戻り、他のメンバーとともに地球に戻る予定だ。月面に着陸する2人のうち1人は女性で、史上初となる。

関連ニュース

タグ
宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント