12:13 2021年05月06日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 34
でフォローする

日本のトヨタ自動車は、カーボンニュートラルへの実現に向けて、「水素エンジン」の開発に取り組むと発表した。

トヨタ自動車は22日、カーボンニュートラルなモビリティ社会実現に向けて、「水素エンジン」の技術開発に取り組むと発表した。

トヨタによると、水素エンジンは「ガソリンエンジンから燃料供給系と噴射系を変更し、水素を燃焼させることで動力を発生させる」もので、「ごく微量のエンジンオイル燃焼分を除き、走行時にCO2は発生しない」という。また、水素エンジンにおける水素の燃焼の速さは「ガソリンよりも速く、応答性が良い」という特徴があり、「優れた環境性能」を持っていると強調している。

トヨタは、同社の「カローラスポーツ」をベースとした競技車両に水素エンジンを搭載し、5月末に静岡県にあるサーキット「富士スピードウェイ」で開催されるレースに参戦するという。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント