03:08 2021年06月19日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 62
でフォローする

6月1日には、太陽から放出されたプラズマの雲(コロナ質量放出)が地球を覆う。この雲は、5月28日に太陽から宇宙空間に放出されたもの。

spaceweather.comによると、この雲の外辺が地球にかかる予定。専門家によると、今回の現象は第25太陽活動周期において、太陽の大気から放射されたものの中で最も明るく、放出のスピードが最も速いものだという。

この現象により、6月1日、北極圏の住民は「素敵な光のショー」を見られるかもしれない。また、この日には小規模な磁気嵐が発生する可能性がある。

2020年12月にも、コロナ質量放出が地球に達する出来事が起きている。当時地球は約1日、この雲に覆われていた。研究者らによると、このコロナ質量放出の後、太陽の活動は「落ち込んでいた」という。


関連ニュース

世界で初 ブラックホールが星が吸い込む「死」の瞬間が観測

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント