20:35 2021年06月13日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

糖尿病は手の皮膚の炎症を引き起こす可能性があり、そのため血糖レベルの上昇から病気が進行しているか自分で判断することが可能だという。デイリー・エクスプレス紙が報じた。

医師によれば、前糖尿病の状態ですでに人々は病気に直面しているという。この場合、手の平の裏側の皮膚に「引き攣った」感覚が生じ「まるで蠟」のようになり、患者は指を曲げるのが困難になる。

血糖に関連した問題では、皮膚にニキビのような小さな硬い腫れ物の出現が信号となる場合がある。これらは病気の進行とともに黄色や赤色、または茶色をした腫れや皮膚の硬化に変わる可能性がある。

関連ニュース

タグ
健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント