20:34 2021年04月23日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

オレンジの暴食で皮膚がんの発症率は50%以上も高まる。エクスプレスが米インディアナ大学の調査データを引用して報じた。

研究者たちは、1日の許容量を2倍以上摂取し続けると皮膚がんの発症リスクは63%も上昇すると警告している。研究者らはオレンジに含まれ、感光性と光発癌の性質を持つソラレンが原因と考えている。

最も発がんリスクの高いのは肌の色が白い、または極度に白い人であることが確証された。

スプートニクは2020年8月の記事で皮膚がんを発症させる別の要因について報じている。様々な種類の癌を進行させる要因については、ここからお読みください。

関連ニュース


癌診断、その治療についてのスプートニクの最新ニュースはこちらからお読みいただけます。

タグ
ガン, ダイエット
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント