15:21 2020年07月13日
テック&サイエンス
短縮 URL
がん治療最先端 「21世紀のペスト」とどう戦うか (24)
0 41
でフォローする

ドイツがん研究センターの医師らは、顕在化していないが、がん発生を促進し得る因子をリストアップした。ドイツ誌「フォークス」がこのリストを公開している。

この因子リストには、飛行機の窓側座席(窓から入ってくる紫外線が皮膚がんのリスクを高める)、領収書や小切手での頻繁なやり取り(インクに含まれる有毒物質が体内に蓄積される)が含まれていた。

さらに、熱すぎるものを飲むと消化器がんのリスクが高くなり、性行時のコンドーム不使用は、子宮頸がんや生殖器の悪性腫瘍などに関係するヒト乳頭腫ウイルスに感染する可能性が高くなるという。

また習慣によるものとして、特に大都市やラッシュアワー時に窓を開けたまま車通勤すると肺や膀胱に、仕事の後にビールを飲む習慣は肝臓と乳腺に致命的な影響を与えるとしている。

また、医師らは夜間のスマートフォン使用(スクリーンライトは睡眠に関係するホルモンのメラトニンを破壊)、鉱物油が含まれる化粧品(鉱物油には発がん性を持つものがある)の使用を止めるように勧めている。

さらに、ドイツがん研究センターは、医師による検診に定期的に行くことで、がんのリスクを低下させ、初期段階のがん発見に役立つだろうと指摘している。


健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

トピック
がん治療最先端 「21世紀のペスト」とどう戦うか (24)
タグ
健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント