11:00 2020年08月11日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

モスクワ臨床科学センターのリリア・ヤコブレワ頭頚部腫瘍科部長は、ラジオ局「モスクワは話す」に出演し、頭頚部の腫瘍発生の可能性を示唆するいくつかの症状を挙げた。その番組で、ヤコブレワ医師は、腫瘍の治療成功は、早期発見にかかっていると語った。

ヤコブレワ医師が挙げる頭頚部の腫瘍発生の危険信号とは、

  • 何年間も注意を払ってこなかった首のしこりがある、
  • 突然、頭頚部の痛みに襲われた、
  • 摂食・嚥下の際に口の中に不快で「よく分からない」分泌物が発生した、
  • 色素斑が現れる、あるいはその斑点が成長している、
  • 突然激しい痛みの耳炎、鼻づまり、頭痛に襲われた、
  • 特に原因も見当たらないのに歯がぐらつき始めた。

ヤコブレワ医師によると、腫瘍は早期診断で最大84%の患者が回復している。

関連記事

タグ
ガン, 健康, 研究
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント