09:01 2021年07月29日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

エジンバラ大学の研究チームは、約13000年前に地球に彗星が衝突した可能性について調査し、衝突説を裏付ける多くの証拠を見つけたと発表した。ポータルサイトsoraeが報じた。

Soraeによると、エジンバラ大学の研究チームは、「約13000年前に彗星が地球に衝突した可能性を評価する証拠と、その出来事がどのように展開したかを検討」した。 

最大の破片が衝突したとされる北米とグリーンランドなどのデータを収集、分析した結果、「彗星の内部に存在し、高エネルギーの爆発で形成されることが知られているナノダイヤモンド」などが検出され、研究チームはこれらの証拠について、衝突説を強く支持するものだと指摘しているという。

Soraeは今回の分析結果について、「西南アジアの『肥沃な三日月地帯』と呼ばれる地域で新石器時代が始まる前に衝突が起きたという主張を裏付けるものだ」と報じている。

関連ニュース

タグ
宇宙, 研究
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント