18:34 2021年08月01日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 52
でフォローする

アラブ首長国連邦(UAE)は、夏の乾期に雨を降らせる新技術の実験を行った。現地では、日中は50度にもなる熱波が発生しているにもかかわらず、14日から各地で強い雨が降っている。同国の天気予報サイト「マルカズ・アル・アシファ」が伝えている。

同国の気象庁によると、首都アブダビのアル・アイン近郊(気温は47度)でも雨が降ったという。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от المركز الوطني للأرصاد (@officialuaeweather)

マルカズ・アル・アシファによると、UAEでクラウドシーディング(人口降雨)を用いた特別な実験を行ったところ、雨のない夏に雨が降ったという。

高温で乾燥したUAEでは、2021年の春に人口降雨を実施してみるなど、雨を降らせる技術の開発が積極的に進められている。同国のエミレーツ航空は、化学物質を使用せずに雲に放電させて雨を降らせる目的でドローンを飛ばしており、この実験はドバイにあるSANADアカデミーと英レディング大学の研究者が共同で行っている。

関連ニュース

タグ
アラブ首長国連邦
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント