12:51 2021年09月18日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

世界保健機関(WHO)は電子タバコの健康への害を表示するなど、その普及の制限策をとるよう呼び掛けた。WHOの発表したタバコの害についての8度目にレポートに書かれている。

「これらの製品(編集部:電子タバコ)をタバコとその関連産業のメーカーは何千種類もの魅力的なフレーバーを使うことで製品について誤解を招き、児童や若者向けに宣伝することが多い。これらの製品を使用した子どもたちは将来タバコ製品を使用する率が3倍になっており、WHOはこれを懸念している。非喫煙者の喫煙開始を阻止し、喫煙が社会の常識に戻るのを防ぎ、将来の世代を保護するための規制を各国政府が実施するよう、WHOは勧告している」WHOのレポートにはこう書かれている。

WHOは特に、電子タバコの害から市民を守り、児童や青少年他、弱い立場の市民への普及を防ぐために、各国政府が従来の禁煙措置と同様の政策を採用することを提案している。

2020年11月、科学者たちは、電子タバコが呼吸器系疾患の40%増加につながるという研究結果を発表している。

関連ニュース

タグ
タバコ, 健康, WHO
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント